2021/6/29

ご家族の理解がないケース

こんにちは!
社労士の菅です。
 
ご相談の中で、障害年金の受給要件が整っているにも拘わらず、ご家族の理解がなく、請求しようかどうか迷っているというお話をお聞きすることがあります。
ご家族から「真面目に働きなさい」ですとか「世間に知れたら恥ずかしい」などとを言われているケースが多いです。
 
まず、障害年金は日本国憲法第25条 (生存権) に基づく社会保障制度の一つです。
国民に与えられた権利ですので、何ら負い目を感じる必要はありません。
また、一部の例外を除き、きちんと保険料を支払っている方が受給できるものです。
例えば車で事故を起こしたときは、自動車保険に保険金を請求しますよね。なぜ障害年金だけ別の取扱いをするのでしょうか。
 
障害年金を受給することができれば、最低でも月額約4.8万円を受給できます。
障害年金を受給することで、ご家族の経済的負担も軽減できるはずですので、ぜひご理解をお願いしたいところです。

 
大阪障害年金支援センター
TEL  06-6654-6749 (受付時間:月~土 10:00~19:00)
メールフォームはこちらをクリックしてください。(24時間受付中)