脳梗塞・脳出血

 
・男性 (50代、会社員)
・傷病名 脳梗塞
・受給できた障害年金 障害厚生年金2級
・受給金額 年額約180万円
 

障害認定日の2ヶ月前に奥様からご相談いただきました。年金事務所に相談したが、制度が複雑で、自力では請求できないとのご判断でした。

ご本人様とお会いしたところ、自力歩行は困難で、常時車椅子を使用されており、2級相当に該当する可能性が高いと考えました。障害認定日にあわせて診断書を取得できるよう、主治医への診断書依頼状を作成いたしました。主治医からは診断書の記載方法について数回の問い合わせがあったものの、最終的にはご理解をいただき、認定日請求をすることができました。その結果、障害厚生年金2級を受給することができました。医師によっては障害年金の診断書に不慣れな方もいらっしゃいます。このような事例でも弊所では主治医に対して丁寧にご説明いたします。


 
・男性 (50代、会社員)
・傷病名 脳出血
・受給できた障害年金 障害厚生年金2級
・受給金額 年額約200万円
 
ご本人様は常にご自宅で過ごされており、外出は難しいとのことでしたので、ご家族様がご相談にこられました。初診日から6ヶ月経過後にご家族様が手続きをされましたが、症状固定とは認められず、再度請求手続きを行いたいとのことでした。ご状況をお伺いたところ、相談時にも症状固定とは考えにくい状況でしたので、認定日までお待ちいただくようお願いしました。その後、認定日請求により障害厚生年金2級が認められました。障害年金の制度を理解し、ご状況にあった判断をすることは容易ではありません。迷われた場合は専門家にご相談されることをお勧めいたします。